読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどきさつえい日記

写真撮りに出かけたら更新するブログ

これが日本のチロルだよ。辿り着いたのは下栗の里でした

 

頑張って山道歩いた甲斐がありました。
この景色が見たかった。

 

 

この近くに遠山郷っていうところがあってね。
ここに来る前に、そこの足湯にも入ってきたんですけどね。

この遠山郷に「霜月祭り」っていうお祭りがあって、これが「千と千尋の神隠し」の原点になったそうで。

 

そしてここが、遠山郷から更にガンガン山登った場所にある下栗の里。

matome.naver.jp

宮崎監督は下栗の里にも何度も取材に来たそうで、後にここが舞台になった短編も作ったそうです。
正直、千と千尋以降のジブリ作品のことはあんまり知らなくて、この短編のこともよく知らないんだけど…

 

このたった1枚の写真を撮るために、ビューポイントと呼ばれる場所まで歩かなければいけない。
これまでの記事の写真のとおり、人がひとりギリギリで通れる程度の幅の山道です。車では行くことができない。

体力なかろうが脚力がなかろうが、ひたすら歩くしかなかったのです。

 

まあ、歩く前から既に恐ろしい予感はしていたけども…

 

 

この道を車で登ってきたわけですけど、見てのとおり狭い。
写真だと平坦に見えるかもしれないけどとんでもない!車が止まってしまうんじゃないかというほどの斜度です。
んでもって狭い道なのにガードレールがないんだわ。
ガードレールつけようよって思うんだけどガードレールつけたらここからの景色もだいぶ変わっちゃうんだろうな。

ここに、こうして人々が普通に暮らしているのです。
何がすごいってそれが凄いわ。

冬とかどうするんだろう。
車で下界まで降りて行けるのかな…

 

実は今回、広角のレンズを忘れてきちゃったんです。
紅葉の時期がとってもキレイみたいなので、今度こそ広角レンズ引っさげて行く予定ではいますが…

正直、あの山道をもう一度歩くとか車の運転のことを考えるとちょっと腰が引ける(;´Д`) 

 

noephoto.hatenablog.jp

noephoto.hatenablog.jp

noephoto.hatenablog.jp

noephoto.hatenablog.jp