読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどきさつえい日記

写真撮りに出かけたら更新するブログ

写真の保存ってどうしてますか?

カメラが趣味の方って膨大な量の写真データを抱えてると思うのですが、保存ってどうしてるんでしょうか。
 
 

f:id:noephoto:20160711055810j:image

 

 

私も外付けのHDD使ったりDropBox使ってみたり右往左往してきました。
とにかくすごい量なもんですから。DropBoxもすぐ課金で容量増やさないといけなくなって。
しばらく課金して使ってたんだけど、月1,200円ってことで、お財布が痛くてやめてしまった。
 
結局はパソコンのHDDに戻してしばらくそのままになってたんですが、最近になってGoogleフォトを使い始めました。
 

 

これ、Picasaの後継なんですね。
Picasa使ってなかったもんで、サービスが終了したっていうのはチラッと耳にはしてたんだけどそれの変わりにこんなサービスがあったのは全然知りませんでした。
時代に乗り遅れ…

じゃあ何がきっかけで知ったのかというと、はてなブログと連携できるということで、そこで初めて知ったのです。
これは便利そうだな、ちょっと使ってみよう、と。
 
 

容量無制限である

 
素晴らしい。どんだけ保存しても無料です。
「高画質」でのアップロードに限りですが。ファイルのサイズを1600万画素まで削った状態でアップされるそうな。
 

f:id:noephoto:20160711083339p:plain

 
元データそのままで保存すると容量食っちゃっていずれは課金して容量増やすってなるんですけど、まあ高画質データでも元データでもパッと見は大して変わりはなさそうです。
 
仕事で扱うとかバカでかくプリントするとかならちょっとの違いにもこだわんらんといかんのかもしれんけど、私の場合はブログに出したり個人的に楽しむ程度のものですから、高画質データで十分なのです。
ネット上で扱うならサイズは小さい方が軽くて作業し易いし。
 

勝手に仕分けてくれる

例えば動物とか植物とか人の顔や場所で勝手に仕分けてくれるので大変ありがたい。
時々「なんでこれがここ?」っていうのもありますけど、許容範囲内です。
ちなみにハルさんは「ネコ」に分類されています。まあ似たようなもんだからいいけど。
 
 

f:id:noephoto:20160711055800p:image

 
 

クラウドサービスだけでは不安がある

 
災害が起きても家がダメになってもデータは空の上だから消えないし、どこからでも見れるし、便利である。
しかし、サービスがいつ終了してしまうかわからない。Picasaだって結局終了になって、みんなGoogleフォトへ移行したわけだから。
そうゆう意味では、代替サービスもいろいろあるってことで気にしなくてもいいのかなとも思うけど…
 

もう一つ、予備的に保存する場所が欲しい。

 
パソコンや外付けのHDDはぶっ壊れたらおしまいだ。
 
CDーR…かさばるしなあ。
数が増えていけば絶対管理できない。私、物を整理する能力がないんです。
 
そうするとやっぱり一枚一枚写真として残すかフォトブックを作るとかってなると思うのですが、写真一枚一枚だとこれまたかさばるし絶対整理できない。
 
フォトブックはこれまでに何冊か作りました。
写真全部をフォトブックにするわけではなく、特別どこか旅行に行っただとか特別残したい写真を集めたものとかで。
最近はそうゆう出来事も写真もあんまりなくて、全然作ってないですけど。
フォトブックは結構オススメで、またここにも書きたいと思っています。
 
あとスクラップブッキングなんてものも昔やったなあ…
材料費がべらぼうにかかるのと、風景写真や花の写真とかで作るのがむなしくなって(子どもの写真使ってる方が多いのでね)やめちゃいました。
 
 うん…
何かいいのがあったら教えて下さい…