ときどきさつえい日記

写真撮りに出かけたら更新するブログ

天空の花回廊

自宅からわりと近い、茶臼山高原へ行ってきた。茶臼山といえばワタクシ的にはスキーなんですが(ここ2シーズンくらい別のところへ行ってるけど)、スキーやらん人からしたら「芝桜の丘」なのでしょう。

数年前から始まったこの芝桜、1年目2年目は大変素晴らしかったそうなのですが、ここ最近はそれほどでもない(隙間が気になるとかなんとか)との話を聞いていたのと、とにかく渋滞がヤバイということでなかなか行く気がしなかった。今年が初見です。前情報によると、八分咲き程度とのことでした。

8時くらいには出る予定がモタモタしちゃって9時頃出発。車はいつもよりちょっと多いのかな程度。渋滞するのはどうやら茶臼山高原道路っていう方らしい。でも私の家からだとその高原道路は通る必要がないのだ。その代わり結構な山道を上がっていくことになりますが。

私の前を走ってた他所のナンバーの車が結構なスピード出して山道上ってて。ちょっと大きい車が来たらすれ違うのがしんどいくらいの道幅なんだけど。怖いなあって思ってたら案の定、上からダンプが下ってきてぶつかりそうになってた。こうゆう道はどうかゆっくり先を見ながら走っていただきたい。

スイスイ走って到着したのが10時頃。既にいつもの駐車場は満車になっているようで、別の臨時駐車場へ案内された。そこからシャトルバスが出ていますから、とのこと。

私が停めたのは、普段夏になると牛がいる牧場の真ん前。今年も既に牛がいて柵の方まで来ているよと聞いてウキウキウォッチングする予定でしたが、今回は見当たらなかった。駐車場の係のおじさんに聞いたら「昨日はすぐそこまで来てたんだけどね〜」と。半分は牛目当てだったのに悲劇だ。しかし仕方がない。牛には牛の都合があるもの。

駐車料金を払って車を停めてシャトルバス乗って降りて片道のリフト券買って(もちろん往復リフト券もあるよ)さて、寒いくらい涼しいと聞いていたが超快晴で暑いぞ。ババシャツ着て薄手のニット着て春用のジャケット着て汗かいたわ。リフトに乗ってる間は足がチリチリして焼けるかと思った。でも曇って日が当たらん日は、寒いのはほんとです。着てく服が難しいね。

今年から始まったらしいリフト乗ってる間の写真を撮ってくれるという、ぼっち参戦には辛いサービス。無視したい。写真撮ってて気付かいない風を装い無視した。するとカメラの方から「あっ、写真、いいですか…ごめんなさい」というカメラマンの声が。ごめんね…いや、そのカメラの横にカメラマンさんがいるもんだと思ってて、私もそのカメラマンさんを撮ってやろう!って思ってたの。でもカメラしかなくて、どっか別のところから見ててリモコンでシャッター押してたみたいです。だからね…っていう言い訳。

気付かない風を装うために撮った1枚。

 

f:id:noephoto:20160810213906j:image

 

この光景が目に入った瞬間「!!」てなったけど右側の更地の部分は植える範囲を拡張するための場所らしく、小さい看板にそんなようなことが書かれていた。なるほどね。しかし芝桜が植わってる部分も下の緑が結構目立つなあ。これがみんながよく言う「隙間」か…1年目2年目はこの隙間がなくてほんとにぎっしり芝桜で埋まってたらしいからなあ。そうか、これは上から撮っちゃダメだな。

ということで、地べたに座り込み顔も地べたに着きそうな体制で撮影開始。

 

f:id:noephoto:20160810213858j:image

 

例の更地の位置的に、広角ではこの位置からがベストだったんじゃないかと。しかし雲ひとつない。私がこんなに天気に恵まれるのは珍しいです。

 

f:id:noephoto:20160810213914j:image

 

ウロウロしていると、手入れをしている方たちが。たぶん地元の人。

 

f:id:noephoto:20160810213838j:image

 

これ、手入れする人たちは大変だと思う。範囲が広いし。一生懸命手入れしても隙間隙間と言われてさ…あの更地に更に植えるとのことですが、人手は足りるのだろうか大丈夫だろうかと余計な心配をしてしまった。

さて、山を降りよう。片道リフト券を買ったので帰りは徒歩です。 

 

f:id:noephoto:20160810213920j:image

 

これが!!

重い荷物を抱えて山を降りるという行為がなんと辛いことか!!

自分のクソ重たい体重とカメラセットの重みがケツと脚にずっしり来るのだ。下りだから余計にね。事務職で運動不足の身には辛かった。暑いしさ…

おっと、向こうに牛たちがいる(はず)の牧場が見える。

 

f:id:noephoto:20160810213847j:image

 

奥の方の、平らになってるところね。ほんとに牛がいるのかというくらい影も形もありませんな。この日はどこにいらっしゃったのだろうか。会いたい。

息切れしながら歩くこと約20分、やっと下が見えてきた。 

 

f:id:noephoto:20160810213853j:image

 

スキーだったら上から5分くらいで滑って降りてこれるんだが…

冬の真っ白い景色を見慣れてるのでこの緑色の景色はすごく新鮮だった。下の方に並んでるテントは、地元やその周辺のお土産物とか特産品が販売されています。この辺の特産品は、五平餅とか…五平餅とか五平餅とか。でも五平餅売ってたっけ覚えがないな。おやきは売ってました。私は知人がいるテントに寄り、お弁当とゆずマーマレードを購入。ゆずマーマレードは地元産のゆずが使われていて、去年別の知人からいただいてすっごく美味しかったんです。買えて嬉しかったな〜。

この18日からライトアップも開始。ライトアップって不思議なもので、雑な部分がライトの光とか色でボケるので昼間よりもっと綺麗だと思う。去年ここに紅葉のライトアップ撮りに来た時にそう思いました。紅葉終わりがけだったけど、綺麗だったからね。

しかしこの時期の夜のリフトの寒さは身にこたえるのだ。

ということでたぶん行かない…